photo lavender flower field under pink sky
Photo by David Bartus on Pexels.com

どうも、メケです。

酒やめて911日目。

本日のお題「酒をやめ続けることが断酒じゃないんですか?」

答え、断酒はお酒やめたら終わり、ではなかったんです。

なので、「やめるために我慢し続けること」でもないし、「飲めるけど、あえて飲まない」というわけでもないのです。

これ、私のことなんですが、「断酒は酒をやめ続けること」、ではなかったんです。

嫌な自分、イヤなことから逃れないためにどうしていけばいいか。

どう生きていけばいいか、その答えを、自分なりの答えを模索し続けることが断酒だったんです。

簡単に言うと、「楽に生きるためにはどうすればいいか?」

酒をやめることが断酒の目的ではなくって、「楽に生きるための一つの手段の中に断酒がはいっている」そんな感じです。

「お酒、やめた。」で、そのままやめ続けていると、また飲み始めてしまうんです(実際、途中で何度も飲みました)。

大切なのはなぜ、自分はお酒なのか。お酒だったのか。

そこを、きちんと整理していくことが大事だったんです。

お酒に頼らずに、心地よく、自分らしく、楽に生きるために、どうすればいいか。

その答えは、誰も教えてはくれませんし、誰もあなたのことなんかわかりません。

自分で、自分なりの答えを、いろんなヒントや気付きから求めていくんです。

今までさんざん先送りにしてきた出来事は、絡まった糸のような状態になっています。

自分で、ゆっくりとほどきながら、一本一本をまた束ねて、太い丈夫な糸(紐)にしていくんです。

「お酒が必要のない、というか、お酒ない方がいいじゃないか」って感じれるような生き方にしていくのです。

実は断酒ってお酒やめた先に、どういう自分がいるのか、どうなりたいかってのが大事になってくるような気がしています。

楽に生きるためにいろいろある手段の中の一つが「断酒」だったんです。

だから、断酒できているから、人生変わるってわけでもないし・・・。

断酒がきっかけにはなると思いますけど、断酒だけで人生がガラッとは変わらないです。

酒がなくなったらただの「デフォルトの自分に戻っただけ」でした。

この状態で酒やめることだけ続けていても、やめ続けられませんでした。

断酒は楽に生きるための一つの手段。

断酒はただのベース。

そんな感じが最近しています。

何をするにしても、まずは飲んでないこと。

やっぱり、すべての土台だったんですよ。

楽に生きるために自分はどうしたいのか。

そんなことを何となしに、模索しています。

とはいえ、今日も考えすぎず、適当に笑顔でリラックスして過ごします!

みなさんもいい一日にしていきましょう。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事