メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒240日目 なぜ断酒するのですか

おはようございます。

 

メケです。

 

 

はい、本題です。

なぜ、断酒するのですか。

私なりの答えです。

飲み続けた先の自分をイメージしてしまったからです。

今考えると、幸せになりたいって思ったのかもしれんせん。

 

 

いつからかはっきり覚えていませんが、

お酒、飲みたくもないのに飲んでいるような感じがしていました。

 

じゃぁ、今日飲まんとこって決めて飲まなかったらいいじゃん!!

それが、できない、できなかったんですね。

 

ネットや本で酒害についていろいろ学ぶうちに、

あぁ、自分もそうなるんだ!!

って、思っちゃったんですね。

 

私は、断酒会やAAに行ってません。

アルコールの外来にも行ってません。

 

今思うと、お酒に依存してたことを認めてなかったんでしょうね。

 

お酒止め始めの頃、

いろんな症状に悩まされました。

多分20回前後は、途中で再飲酒してます。

断酒2~10日目頃、この期間での再飲酒がもっと多かったです。

 

なぜ、この期間に再飲酒が多かったのか。

今思うと、身体におきるいろんな症状がしんどかったのだと思います。

 

酒止める直前はビール、発泡酒、焼酎など、毎日飲んでいました。

夕方は晩御飯まで待ちきれずにお酒飲んでました。

休みの日もしかり。

 

そりゃ、このペースで飲み続けて、しかもやめられずにいる。

飲み続けた先の自分イメージできますよね。

 

で、断酒20日を超えたあたりから、様々な症状が徐々に収まりつつ

次は、断酒120日ぐらいまでかな、

毎日、とっても重い気分で過ごしていました。

これが、世にいう断酒鬱っていうやつだったのかなって今思います。

 

お酒から得ていたドーパミンが、

断酒によってでなくなり、

自力でドーパミンが出ない中、過ごしていたのでしょう。

 

よく泣ける映画見て泣いてました。

よく、窓から外の景色ぼーっと眺めていました。

 

朝散歩によって少しずつ状況が改善されていったように思います。

 

全て、後付けによる解釈ですが・・・。

 

昨日風邪で一日寝込んでいましたが、

健康のありがたみを心底感じました。

 

身体に優しくありたいですよね。

今までお酒で大概体に無理をさせてしまっていました。

 

風邪薬による、しんどさなのか

風邪によるしんどさなのか

よくわかりませんが、しんどいです。

酒止めて、身体のしんどさがよくわかるようになりました。

 

酒飲み時代は、お酒も飲んでいました。

薬飲んでから、お酒飲むなんて今考えると

完全にお酒に取りつかれていましたね。

 

熱さましだとか何とか言いながら・・・

 

ということで、

飲んだ先の自分、わがことのように想像できたなら

お酒、やめられるんではないでしょうか。

 

今からまた寝ます。

 

身体しんどいけど、

なぜかこのブログを書いているという

訳の分からない状況になってます。

 

もっと、身体に優しく居よう!!

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


禁酒・断酒ランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村