メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒192日目 私、そんなに飲んでないのですが、一人で断酒できるのでしょうか?

おはようございます。

メケです。

 

 

私、ひと月のうち半分ぐらい、夜、お仕事でうちにいません。

子供たちにとってはお父さんのいる夜は貴重です。

分からないこと、聞きたい事、話したい事、お父さんが夜いるときを狙っているみたいです。

ねぇ、お父さん!!

何?

なぁ、お父さ~ん!!

え?

ねぇ、お父しーーーん!!

なぁ~~~に~~~ぃ?

 

はい、いくらでも呼んでください!!

いくらでも話聞きますよ。

 

今までごめんね。

そして、ありがとう。

 

 

 

ちょっと、しんみりしてしまいましたが、本日のお題です。

私そんなに飲んでないのですが、一人で断酒できるでしょうか?

はい、

断酒できると思いますよ。

あきらめなければ。

ただし、一人では無理だなと思ったら一緒に頑張っていける人を探してください。

 

同じ境遇の人と気持ちを分かち合えば、その分不安や、苦しさが軽くなると思います。

そして、断酒の先輩の背中を見て、自分もできると思ってください。

きっと続きます。

 

たとえ、途中でつまづいたとしても、

起き上がろうとすれば、手を差し伸べて出さる方はきっといます。

その人に気づいてください。

 

あなたが前を向いていれば、明るい兆しに気づくことが来ます。きっと。

 

 

断酒されて、様々な症状が体に起きたとしても、

断酒の先輩方はみんなそんな感じのことをやり過ごしてきています。

できるはずです。

人だもの。

思えば叶う。

 

そして、「酒欲しい、酒酒酒」と思わなくなっていることに気づいてください。

その時、あなたは酒から解放され始めているのです。

 

 

その時に心しておかないといけないことがあります。

あなたは、なにがしかの生きづらさやストレスを紛らわすのにお酒を飲んできたのかもしれません。

あなたにとってお酒はストレス発散の手段だったのかもしれません。

 

 

酒から解放され始めたころが勝負です。

つまり、あなたから酒という選択肢が意識の外へ外れかけた時、

かならず、また、酒飲みたいと何となく思う機会が出てくるでしょう。

きっと、無意識にあなたの生きづらさやストレスが無言のシグナルとして

何となく酒飲みたい感情として出てきているのかもしれません。

 

 

この、生きづらさ、ストレスを酒以外で解放する方法を見つけるか、

生きづらさを生きづらくなる方向へ変えていくことをお勧めします。

 

 

断酒の最初は酒を止めることが目的で構いません。

まずは体が酒から解放されることが目的です。

 

 

そして、精神的に「酒が欲しいと思うこと」が減ってきたら、いかに生きづらさやストレスを酒なしで解放するか。

実は断酒の本当の目的はここかもしれません。

 

 

 断酒は断酒をすることが本来の目的ではありません。たぶん。

 断酒によって、もっと自分らしく生き、やりたいことをやって、よりよい人生を送るのです。

 断酒はよりよい人生を送るためのただのきっかけです。たぶん。

 

 

今日は

そんなに飲んでないけど、酒を止めたい人に向けて

断酒は一人でできるかもしれないけども

共感できる人がいればもっと楽かもね

という内容でした。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


禁酒・断酒ランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村