メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒191日目   実際お酒止めてから、何がどう変わるんですか?

おはようございます。

メケです。

 

夜寝れるって本当に幸せですね。

夜勤がない日は夜寝られるのでつくづく幸せだなと思います。

 

これも酒止めたおかげです。

ありがたやありがたや。

 

 

さて、今日のお題は

実際お酒止めてから何がどう変わるんですか?

お答えします。

180度ひっくり返ります。

 

 

私の休日を例にお話しします。

ー酒なし生活の今ー

朝、早起きになる。

すっと起きられる。

朝起きたら、テーブルに食べかけのお皿や飲みかけのグラスがない。

台所はきれいに片付いている。

前の晩素面なので、大概、台所やテーブルの上は食後片づけます。

朝からすでに気持ちいい生活が始まります。

 

平日休みの一人の時は午前中、散歩に出かけたり、ランニングをして汗を流します。

前の晩呑み過ぎてないので朝から活動的。

午前中の時間を十分使えます。

 

そのまま午後、夕方を過ごし、

夕食時はもちろん素面です。

夕食後の時間は本を読んだり、家族と過ごす。

眠たくなったら寝る。

 

と、だいたい

ー酒なし生活の今ー

はこんな感じです。

 

 

なーんだ、普通の生活じゃないか・・・・

と思われる方、おられるかもしれません。

 

 

しかしこれを酒飲み時代を普通と考えた時

酒なしの生活は180度全く逆の生活にみえるのです。

 

 

ー酒飲み時代の頃の一日はというとー

朝、前の晩というか明け方まで酒飲んでるので、ほぼ昼頃までは前の晩の続きです。

気持ちもよくないです。全くさわやかな朝をむかえられません。しんどいです。

 

夜勤明けの休日の朝は帰宅してから、ずーっと酒を飲んでます。

少し仮眠して夕方からまた酒を飲みます。

そして、深夜までだらだらと。酒。テレビ。

 

何をしてても、酒、どこへ行っても酒。酒を飲むので行きかえりの足を心配する。

酒を飲むためにどうしたらいいか。

今日どこのスーパーで酒とつまみ買おうか?

とかそんなことよく考えてました。

仕事してるときもそうですよね。

酒の事考えてました。今思うと。やっぱり。

 

 

酒飲み時代は酒中心に生活が動いてます。自分というものはありません。

時間がほぼ止まったような生き方だったのかもしれません。

 

 

しかし、今では

酒止めてから、

生活も思考もすべて自分中心に動いています。

生活や思考すべてが酒から解放されているのです。

楽なのです。

 

 

ということで、本日は

酒止めたら、生活や思考が180度逆転して

酒中心から自分中心の生活に逆転するよ

生き方が楽になるよ

という内容でした。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


禁酒・断酒ランキング