メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒190日  お酒、なかなか止められないんです。どうしたらいいですか。

おはようございます。

 

メケです。

 

お酒を止めるには「もう、これ以上ダメ」というぐらいの強烈な苦い経験が自分の断酒を後押ししてくれる場合が結構あります。

はい、もしかして、それ、私のことかも。

 

しかし、できるならそのような経験をする前にお酒を止めておきたいですよね。

止めるのが早ければ早いほどお酒による精神的肉体的ダメージは少ないです。

 

しかし、お酒による苦い経験がそんなにない方にとっては、逆にお酒を止めるための動機が弱いため、心を奪われたお酒から遠ざかるのに苦労されていると思います。

 

 

ということで

今日のお題です。

お酒、なかなか止められないんです。どうしたらいいですか。

 

 

答え

一日で結構です。

止めてみてください。

お酒を止めるには止める以外に方法はありません。

 

 

その一日が止められないんです・・・と言われそうですが・・・・・

 本当に、一日。

今日一日だけでいいです。

 

 

もしも、今日一日だけですが、お酒を飲まなかったとしたら・・・

イメージしていたことや、見聞きしていたことの中で

ああ、あれはこのことだったのか・・・ということが実体験として納得して、心に刻まれるのではないでしょうか。

 

そして、あなたは翌朝目覚めた時にきっとこう思うのです。

ああ、飲まずに居られた。

信じられない。

うれしい。

戸惑い。

できるんだ!!

身体のしんどさがあまりない。

でも、昨日は目がさえてほとんど寝られなかった。

など、 

いろんなことが、実際に酒を飲まない経験を通して、以前との違いに気づき始めるのです。

そしてそれがあなたオリジナルの「当たり前の酒なし生活」へ徐々に移っていくのかもしれません。

 

 

どうでしょう。

今日一日で感じたことをノートにメモしてみては。

カレンダーに〇✖でも構いません。

やったー!!飲まなかったー感。これを繰り返すのです。

酒を止めて良かったこと、悪かったことを書いてみてはどうでしょうか。

 

そして、飲まない一日が増えるたびに、ノートに書き続けるメモが増え続け

酒なし生活のいいところを上げたらきりのない状態になるかもしれません。

 

「酒を飲まなくても大丈夫な自分」の実体験が、酒なし生活のイメージがいいものになっていくかもしれません。

 

 

ー酒を飲んでいるイメージー

あなたが子供のころから、今まで心に刻んできたお酒のイメージ。

酒を飲まずに見聞きしたことだけで、できたイメージではないと思います。

長い年月とともに、何回も何回も、お酒を飲む体験とともにあなたオリジナルのお酒を飲むイメージが出来上がったのかもしれません。

 

 

 

だとすれば、

 

 

ーお酒を飲まないイメージー

酒を飲む自分を作り上げたイメージから、逆にたどっていくだけの作業かもしれません。何回も何回もお酒を飲まない一日の体験の積み重ねとともにあなたオリジナルのお酒を飲まない自分のイメージを作り上げていく作業なのかもしれません。

 

 

つまりは

今日一日を飲まずに過ごすこと。

究極はこれに尽きるのかもしれません。

この一日一日の積み重ねが

「飲まずにいられることが当たり前の自分」というイメージを現実にするのかもしれません。

あなたを酒から解放してくれて、自由になる一番の近道かもしれません。

 

 

今日は

お酒を止めるには止める以外に方法はないということ

飲まない体験を一日一日積むことが、飲まない自分のイメージづくりになるのでは?

という内容でした。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


禁酒・断酒ランキング