メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒178日目  依存状態ってなに?

こんにちは

メケです

 

いつからか分からないのですが、体重が2.5Kgほど減っていたのに気づき

減量していたわけでもないのに、なぜ減ったのかそのことを考えていました。

酒止めた後、甘いもの好きになり、好きなだけ食べていました。

ご飯もおいしいし、好きなだけ食べて満足してました。

なのに健康的に体重が減ってきている。

これはなぜ?

 

ということで本日のお題は

依存状態ってなに?

について私なりに考えましたのでお話しします。

f:id:Meketan:20190620095750j:plain

この景色、美しいですよね。

遠くに見える船のようなもの気になりますよね。

そればっかりに目線が行ってしまいませんか?

 

本日の結論

つまり100%、そればっかりになり、コントロールが効かなくなること

を依存状態というのかと思います。

 

もう少し言いますと、人は自分の心を満たすために何かに依存するものだと思います。

その依存先が10個なのか1個なのか

そして、自分の気持ちが満たされているのかどうか

満たされるまで満たそうとして依存します。

依存の対象個数が少なければ対象物への依存度は高くなると思います。

そして心が満たされにくくなるのではと考えています。

そしてさらに加速して依存していく・・・みたいな。

 

 

私の酒飲み時代は依存的な飲み方。依存状態 

私の酒飲み時代は酒が人生のすべてでした。

酒を中心に生活が回っていました。

ある意味アルコールの性質がそうさせた感は否めませんが、

アルコール以外の依存対象でも、結局同じなのかもしれないと今では考えるようになりました。

ある一線を超えたあたりから、依存対象物は絞られそればっかりになっていくのでは?

と考えています。

そして、満たされるまで続けるという負のスパイラルへはまっていくのかもしれません。

 

酒止めた今では興味の対象がいくつもあり、依存対象が分散されています。

心が満たされているので幸福感もあります。

従いまして甘いもの一辺倒になりにくかったため、減るべくして体重が減ったのかも?

 

私の今の興味の対象は様々です。

そしてそれらの興味の対象からたくさんのワクワクを感じています。

様々なものから、たのしい、うれしい、素敵!!と感じられることが

自分の心を満たしてくれているのかもしれません。

 

等身大の自分を好きでいられる”今”に感謝ですね!!

 

 

以上

 

また今度、機会があれば

依存状態に陥りやすい思考パターンについてお話しいたします。