メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒163日目  やっと止められた一日から、断酒が続き始めるまで

こんにちは

メケタンです

 

さあ、再び酒を呑まないための戒めがいよいよ最終回。

この回で、やっと暗くしんどい話は終わることができます。

 

早く明るくてさわやかな前向きな話をしたいです。

もう少しの辛抱。

これを書き終わったころには、再飲酒しないための戒めカテゴリーになるのかな?

永遠に葬られ、このカテゴリーを開く日が来ないことを祈ります。

そうできるように、これから生き方を変えていきます。 

 

さて、昨日までは

なかなか止められなかった酒を、子供の一言で飲まない一日を作ることができた(2018年7月頃の話)

ことをお話ししました。

今日は、

どうやって最後の酒2018年12月23日日まで過ごしたかについてお話していきます。

 

飲まない一日を、子供の一言で思いがけず作ることができたにも関わらず、

また飲み始めるのでした。

飲んだことに対する後悔と子供への後悔、家族に対する後悔。

何一つ自分の思うように事が運ばない苛立ち。

酒を呑んでてもちっとも楽しくありませんでした。

なのに、酒を呑んでいる。

わけわからない状態でした。

しまいには休日の昼間っから酒を呑むこともありました。

酒の離脱症状か、変な汗、足がつり、仕事中に微細な手の震え、イライラ、ソワソワいろんな症状が体に出てきていました。

 

いつも子供の一言がずっと頭に残っていて、そして一日飲まずににいられたんだから・・・またできるかもしれないと、わずかな希望を捨てませんでした。

 

そして再飲酒後数日して立ち上がったのです。

そして飲まない日を作っては再飲酒・・・

このような繰り返しを2018年9月頃ずっと繰り返してました。

しんどかったです。ガンガン酒渇望感むき出しの断酒トライです。

 

徐々にですが、一日二日ぐらいなら何とか止められるような妙な自信がわいてきて

少しづつですが自己記録を塗り替えては再飲酒の繰り返しをしていました。

そして2018年10月末ごろから、連続断酒記録が伸び始め7日、10日、12日、14日と更新していきました。このころから再飲酒しても、再飲酒中にすぐに立ち上がり、一口飲んで・・・よし、やめた。断酒再開!!みたいな感じになっていました。 

そして、2018年11月から何回か飲んだものの、12月は12月2日の再飲酒以来、飲まない日々を過ごしていました。

そして、迎えた12月23日の実家でのクリスマス会。

ここで飲んでしまうのです。

みんなに進められて、いいかなと思って飲んでしまったのです。

グラス2杯ほど飲みました。

その日の夜は寝苦しく明け方までほぼ寝れませんでした。

飲んでなかったときに比べ体は重く、しんどかったのを覚えてます。

ビールが変な味がしたのも覚えています。

なぜか途中からコーラを飲んでいました。

そして、せっかく続いた断酒記録21日目が、もう一度ゼロからやり直しです。

がっくり来ました。

そしてすぐその日からまた飲まない一日をスタートしたのです。

 

12月の23日はグラスに2杯のビール。

12月2日は、ワインを指1本分グラスに注いで炭酸で割りましたが、一口飲んで断酒再開しました。

11月は焼酎でしたが、飲んだ瞬間吐き出して、断酒再開。

よく考えると11,12月はほとんど酒を呑んでなかったのです。

 

へべれけになるほど呑んだ記憶は2018年10月の初めごろまでではないでしょうか。

とはいっても、健康診断でレッドカードを2枚もらった4月頃から余裕で半年過ぎていました。その間ずっと飲み続けていたのです。

 

酒って本当に怖いですね!

 

 やはり、思い返してみて自分の中で一番苦しかったのは、酒量が多く、一日も断酒できずに節酒のようなことをしていた時が一番苦しかったです。

まさしく酒渇望感を味わいながら飲酒欲求と戦う日々だったのです。

 

まさに、断酒にまさる節酒はないということを身をもって味わっていたのです。

 

断酒して正解でした。

 

今は、とーーーっても 楽!!!!

 

はい、終了。

 

 

そしてこの話は、私の新たに作るカテゴリーに収められるのです。

この暗く苦しい日々を過ごしてきて、もう戻りたくはないというその強烈な思い出。

読み返せばいつでもあの時の思い出したくない記憶を思い返し、同じ過ちを繰り返さないための、礎として残します。

 

なぜ断酒したのかという、動機を強く強く思い起こさせるためのものにするのです。

 

こんな話、他の人からすればどうでもいい話。

 

でも今の自分にとっては、飲酒欲求は終日ほぼなく、のど元過ぎれば熱さ忘れる!!状態。

 

本当に最近は飲酒欲求がない、ない、ない、本当に・・・ない!!のです。

 

なぜ、酒を止めようとしたか。

この原点をしっかりと持ちたいのです。

 

私はこの、酒から解放された自由な感覚をいつまでも味わっていたいのです。

 

でも、またどっかで飲酒欲求がやってきたときのために備えておくのです。

 

 

ツイッターで前向いて頑張っている同じ境遇の方々。

この方々から、日々勇気をいただくおかげでこの断酒が続いていることは間違いないです。

この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

 

今日は本当に話が長くなりましたが

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

これも、何かのご縁。

今後ともよろしくお願いいたします。