メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒162日目  飲まない一日を初めて作れた日

こんにちは!!

断Mekeブログのメケタンです。


酒はなかなか止められない!!

これを言いたくて昨日まで長々と書きました。

正直に言いますと

あの血尿事件の後、2~3ヵ月間、一日も酒を止めることができませんでした。

その間何もしていなかったわけではありません。

買うビールの本数を減らしてみたり、

500mlを350mlにしてみたり、

仕事帰りに寄っていたコンビニへ寄らないようにしてみたり、

色々しました。


今思うと節酒は無駄な抵抗でした。

酒量が増え、飲まない間隔が短くなっただけでした。

やめたいのであれば、何を差し置いても、まず、

一日飲まない!!

今となってはこれに尽きると思います。

その一日が・・・・その当時はできなかったのです。

もしかしたら、自分の意志ではどうしようもないところまで来ていたのかもしれません。


飲まない一日を初めて作れたのは子供の一言でした。

ある日、子供が泣きながら「お父さん喧嘩やめて(酔っぱらってしていた夫婦げんかのことです)。私どうしたらいいか分からない」と泣きだしたのです。

そのわが子の泣く姿が自分の子供時代とフラッシュバックして、

子供の頃、自分が見てきた光景を今度はわが子に見させていたのか・・・と思い、

結局、自分も親と同じかと思い、愕然としたのを覚えています。

その日はそのまま飲まずに寝ました。

途中で起きて夜中に酒を買いにコンビニへ行くこともなく。

多分ほとんど寝れてなかったと思います。

自分の中では結構、効きました。

で、そのまま断酒生活に入れば格好いいのですが・・・・


また、飲み始めるのです!!

お父さん、分かってないね!! 懲りてないね!! となるわけです。

何?俺が悪いのか?ってね

負のスパイラルに入っていくのかどうか・・・・

 


この続きはまた今度にします。

 


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
これも何かのご縁。
今後とも好しくお願いいたします。

それではまた。