メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒161日目  いざ酒を止めようとすると・・

おはようございます。

断Mekeブログのメケです。

 

昨日は酒を止め始めようとするまでをお話ししました。

健康診断でレッドカード。

酒、飲み過ぎだよねー。

止めよう!!

そう思い始めた矢先のことでした。

 

おことわり

ここから先はお食事中の方はお勧めしません。

 

今日はちょっと重い話かな?

自分で読み返して何が言いたいのか、よくわかりませんが・・

とにかく昔の悔しさがよみがえったにも関わらず、酒まだ飲んでたぜ!っていうお話です

酒、怖いねっ!ていう私の実話です。

 

 

レッドカードを2回もらってしばらくして

朝、トイレで排尿していた時、真っ黒い小便が出ているのです。

便器は色が薄まって真っ赤なワインレッド色をしていました。

そう、血尿だったのです。

慌てました。

結論から申しますと、病院でいろいろ検査し、様子見ということになりました。

本格的なガン検査は受けませんでしたが、私の病歴をベースにいろいろなガン検査の前検査を後日受けて、検査の結果が出るまでの間に、血尿は出ておらず、そのことも加味してとのことでした。

正直、また死と向き合うのかも?と頭をよぎりました。

 

 

今でも忘れません!!オレ、死ぬの?と思った長期入院

いろいろな心労が重なって、身体を壊し、20代後半の10月頃、長期入院してました。

ポケベルから時代が変わり、携帯電話が当たり前になろうとしていた頃の話です。

 

入院し、いろんなテスト的な検査を長期にわたり受けて、俺はモルモットか?なんて思いながら。

そして、あと5年、10年持つかな?なんて病院で物々しい雰囲気の中で告知され、当時珍しいとされる病が自分の身体を壊した主原因であることが分かりました。

その病気、今は珍しいのかどうか知りません。また今度調べてみます。

当時、治す薬はまだないと言われました。

今も治す薬はなんじゃないかな?ぐらいの知識しかありません。

余命を告知され、面会に来てくれた人と一緒に屋上に上がった時に見た病院からの景色、今でも色、におい、音、空気など鮮明に覚えています。

すごく、いとおしく感じて、このままやりたいこともできずに終わってしまうのかと考えました。今まで出会った人、人、人、いろんな人の顔が浮かび上がりました。

社会に出て苦しんだだけで人生終わるのか・・・なんて。

いやいや、まだ彼女もいないし、結婚もしてないし、子供も欲しいし、家も欲しいし、車だって、まだまだ遊びたいし・・・。

 

血尿で、ガン検査の話が出てきて、死を意識したとたん、そのことを思い出したのです。

くやしくて、くやしくて

毎晩、病院で一人泣いてたのを思い出しました。

書いてる今でも悔しさがこみ上げてきます。

 

ー 分かりやすくするために入院当時の私の背景 ー

新卒後、三年間勤めた会社(営業職)を辞め、再就職先で仕事が続かず、職を転々としていました。そんな中で、たまたま就職した会社で順風満帆な時代を数年間過ごした後、社内異動でまた仕事がうまくいかない日々が再現し、心身ともにへとへとになっていた時期でした。

今となってはASD+ADHDで悪い面がモロに仕事に影響する業務内容だったのかな?と思えますが、当時は大人の発達障害なんて言葉もありませんでしたから。ただただ、仕事に関しては頭が混乱していた状況でした。

 ー 背景ここまで ー

 

 

異例の長さであった50日近い長期入院。

入院先で、酒を呑めず寝られない日々を過ごしていたと思います。

今考えると離脱症状的なものもあったでしょう。

そして、何となくよく眠れるようになった頃退院。

50日間、酒なしで過ごしました。

これを機に酒、やめれるかな?なんて期待しながら

酒、渇望感満載で退院!!

退院祝いにみんなと乾杯!!

焼肉とビール!!

酒、飲んでました!!

変な味がしたことを覚えています。

グラス1杯飲めませんでした。肉も食えませんでした。

それから幾日かはあまり飲めない食えない時期が続きましたが・・

その後のことは書かなくても簡単に想像できるでしょう。

 

 

 

 

そして、話は現代に戻り、

ガン検査前の検査後から本気で俺は酒を止める!!

止めようとし始めるのです・・・

あれだけ悔しかったことを思い出しても、

ガン検査の前検査の結果を待つ間も酒・・欠かしませんでした。

酒、本当に怖いです。

 

 

 

 

 

話が長くなりますので今日はこの辺で失礼します。

 

 

最後まで読んでくださったあなた!!

ありがとうございます

これも何かのご縁

今後ともよろしくお願いいたします。