メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒159日目 酒止め始めは止められたことを喜べない

おはようございます

断Mekeブログのメケです

昨日ツイッターとこのブログにリンク貼れましたが

ブログの文章中に貼るリンク方法がまだ分かりません

あえて後回し

まずは話したいことを・・・

ということで

今日は

断酒30日目はどんな気持ちか?

結論:うれしさ半分、不安半分

先日、断酒30日を迎えられた方がいました

すぐにすごいなと感じ

よくやったなと思いました

”おめでとう”を伝えました

 

どうでしょうか

30日間飲まなかった今

良かったと思うだけでしょうか

きっとこれから先も

不安と

いつまで続くかわからない飲酒欲求と戦うため

気が張っていると思います

 

しかも、30日も酒を飲んでないのに

自分のことをすごいと思いたいのに

足を引っ張るもう一人の自分がいます

 

そうです

元の酒を飲む自分に戻そうとする自分です

何でもそうだと思いますが

自分の心地いいところから

環境を変えると

居心地のいいところに戻ろうとするものです

 

ましてや依存性の高い酒が絡んできます

その体に起きる離脱症状によって

様々な不安と迷いに悩まされます

その中を30日間過ごし切ったのです

 

すごいと思いませんか

 

ここがポイントになってきます

ここまで酒を止めて

よくやった自分をほめることが

酒止めたから今の自分がいるんだありがたいな

そう思うことが

足を引っ張るもう一人の自分を打ち消せるのだと思います

浮かんできませんか

ああ、飲んだら楽になれるのになとか・・・

 

飲まないから楽なのです

ほめてあげてください

経験した人にしかわからないこともあります

 

酒止めた自分のことを周りはわかってもらえないとなげくのか

よくやった自分!!とほめるのか

 

同じ思うならいい方を選択していきたいものですね

 

 

 

最後まで読んでくださったあなた

ありがとうございます

これも何かのご縁

今後ともよろしくお願いいたします